MENU

レゴのプログラミング教材の評判|初心者/こどもにおすすめのポイント

今回は、レゴのプログラミング教材の評判を紹介するとともに、この分野に興味がある初心者/子供向けのおすすめ教材を紹介します。

レゴといえば、幼児向けのカラフルなブロックのイメージが強いですが、プログラミングの概念に触れられるようなプログラミング教材も製造しています。

ここでは、さまざまな種類の教材、必要なスキルやコンセプト、提供されるメリット、そしてプログラミングの世界での評判について見ていきます。

レゴのプログラミング教材のおすすめ3選

レゴのプログラミング教材で評判の高いおすすめを3つご紹介します。

レゴのプログラミング教材おすすめ1
レゴ WeDo 2.0(レゴ エデュケーション SPIKE ベーシック)

レゴ WeDo 2.0または後継機のレゴ エデュケーション SPIKE ベーシックは、5歳のお子様からプログラミングの概念を学べる入門教材として最適です。

このプログラムには、さまざまな建築資材やロボット、付属のソフトウェアが付属しており、数学、工学、物理科学、論理、因果関係、フィードバック・ループなどのトピックを探求することができます。ソフトウェアは直感的で、子どもたちは簡単にロボットを操作し、プログラミングの指示を出すことができます。

レゴのプログラミング教材おすすめ2
レゴ マインドストームEV3

レゴ マインドストームEV3は、10歳以上のお子さまを対象とした、より高度なレゴセットです。

550個以上のピースで構成され、ロボット工学とプログラミングを子どもたちに紹介するために設計されています。このセットには、ユーザーがロボットやプログラムをカスタマイズできる、アプリベースの高度なプログラミング言語が付属しています。また、力学と工学の概念についての知識も得られます。

このセットは、ロボット工学とプログラミングの入門編として、また、組み立てやプログラミングに挑戦したいお子さまに最適です。

レゴのプログラミング教材おすすめ3
レゴ ブースト クリエイティブ・ツールボックス

レゴ ブースト クリエイティブ・ツールボックスは、10歳以上のお子様を対象としており、ユニークでクリエイティブなアプローチでプログラミングを行うことができます。

843個の部品を搭載し、ユーザーは自分だけのロボット、機械、ツールを組み立て、探求することができます。

直感的なソフトウェアを使って、ユーザーは機械がタスクを完了するようにプログラムすることができます。また、このセットはエンジニアリングとロボット工学の知識を提供するだけでなく、創造的で高度な問題解決能力も教えます。

このセットは、ロボット工学やエンジニアリングを探求したい、よりクリエイティブな志向のお子様に最適です。

レゴのプログラミング教材おすすめ【まとめ】

レゴは、子どもたちにプログラミングとロボット工学を紹介するために特別に設計された、さまざまなプログラミング教材を提供しています。レゴ WeDo 2.0は小さなお子様にプログラミングを紹介するのに最適で、レゴ マインドストームEV3はより高度なプログラミングやロボット工学に適しており、レゴ ブースト クリエイティブ・ツールボックスはより創造的な教育方法を提供します。どのプログラミング教材を選んでも、レゴはロボット工学とプログラミングの世界への素晴らしい入門教材となります。

レゴのプログラミング教材なら初心者/こどもでも安心して学べる理由

小さなお子さんにプログラミングを教えるときに心配なのが、「敷居が高くて理解できない」ということです。幸い、レゴのプログラミング教材であれば、その心配はありません。提供される教材は、子どもの知育や身体的な発達に特化して設計されています。

コンセプトは直感的でわかりやすい言葉で説明され、ブロックは幼い指にぴったりです。さらに、この教材は安全な環境で使用できるように設計されています。

各課題をクリアしたり、機械やロボットを作るために必要なステップは、1つずつ使うことができ、子どもたちはそれぞれのコンセプトを理解するために必要なだけの時間を費やすことができるのです。

また、成功体験ベースのアプローチは、前向きな行動を強化し、学習を促します。

レゴのプログラミング教材が子供におすすめな理由1
レゴのプログラミング教材は、プログラミングへの参入障壁が低いから

プログラミングは、その概念や用語が難しいため、初めて取り組む際には、多くの人が不安になるものです。そんな中、レゴのプログラミング教材なら、そのような複雑な要素はほとんどありません。コンセプトはよりシンプルな用語によく分解され、説明も理解しやすいように工夫されています。そのため、子どもたちはプログラミングの基本的な理解を早く身につけることができるのです。

レゴのプログラミング教材が子供におすすめな理由2
レゴのプログラミング教材は、身体的・精神的発達に応じて設計されている

レゴのプログラミング教材は、体験型であるため、心身の発達に役立ちます。子どもたちは、機械やロボットを作ることで、プログラミング思考力や問題解決能力を身につけることができます。また、手と目の連動や細かい運動能力など、重要な運動技能も身につけることができます。このような身体的な発達は、プログラミングや人生において成功するために必要なスキルを身につけるのに役立ちます。

レゴのプログラミング教材が子供におすすめな理由3
レゴのプログラミング教材は、小さな手にもぴったりサイズ

レゴのプログラミング教材は、手の大きさに合わせたブロックやピースで構成されています。そのため、子どもたちは自分で作った機械やロボットを簡単に組み立てたり、変更したりすることができます。また、レゴの手触りのよさは、子どもたちにとってより身近に感じられる魅力となっています。

レゴのプログラミング教材が子供におすすめな理由4
レゴのプログラミング教材は、プログラミングの作業を分解してくれる

レゴのプログラミング教材は、子どもたちがプログラミングの作業を分解しやすいように工夫されています。複雑で理解できないプログラミングタスクに挫折することなく、1つずつステップを踏んでいくことができます。このステップバイステップのアプローチにより、子どもたちは自分のペースで、それぞれのコンセプトを理解するのに必要なだけの時間をかけて学習することができます。

レゴのプログラミング教材が子供におすすめな理由5
レゴのプログラミング教材には、さまざまな学びの機会がある

レゴのプログラミング教材には、さまざまな学習機会があります。ロボットや機械、簡単なゲームまでレゴで作ることができます。また、ブロックはさまざまなプログラミング言語を使うことができます。必要に応じて言語を切り替えることができ、学習の幅が広がります。

レゴのプログラミング教材が子供におすすめな理由6
レゴのプログラミング教材は成功体験重視のアプローチ

子どもへの教育で最も効果的な方法のひとつが、成功体験を与えるアプローチです。レゴのプログラミング教材なら、それが簡単にできます。新しいコンセプトを学んだり、課題をクリアしたりすると、機械やロボットを作るのに役立つブロックやピースをご褒美として与えることができます。この成功体験のアプローチは、学習を強化すると同時に、子どもたちが成功したことを実感するのに役立ちます。

レゴのプログラミング教材が子供におすすめな理由7
レゴのプログラミング教材は楽しい

最後に、レゴのプログラミング教材は、とにかく楽しいです。レゴは体験型であり、さまざまなものが作れるので、子どもたちは楽しみながら学習することができます。そのため、子どもたちの興味や関心を引きつけ、よりよい学習効果を得ることができます。

レゴのプログラミング教材が子供におすすめな理由【まとめ】

子どもたちにプログラミングを教えるとき、レゴのプログラミング教材は非常に貴重なツールです。参入障壁が低いこと、子どもの身体的・精神的能力を伸ばすように設計されていること、手が小さい子供にも最適であること、プログラミングのタスクを分解してくれること、学習の機会をたくさん与えてくれること、成功体験ベースのアプローチを利用できること、そして楽しいことなどのメリットがあります。これらの利点から、レゴのプログラミング教材は、子どもたちにプログラミングを教える際に最適な教材と言えます。

レゴのプログラミング教材の評判/口コミ

レゴのプログラミング教材の評判は、圧倒的に好意的なものが多いです。ほとんどの方が、直感的なソフトウェア、豊富な種類の教材、そしてアクティビティの楽しさを評価しています。親御さんも先生もお子さんも、レゴのプログラミングの包括的な性質と、複雑な概念を魅力的で楽しい方法で教える能力に満足しているようです。

レゴのプログラミング教材
「おすすめ」の評判/口コミ

多くの親御さんや先生方が、レゴのプログラミング教材が非常に有益であることに同意し、お子さんにこの教材を紹介することをおすすめしています。

レビューでは、この教材がいかに子どもたちの将来性、創造性、論理的思考を高めたかが記されています。子どもたちは、ブレインストーミングや問題解決の方法、分析的な思考を学びます。親御さんや先生方は、この教材を子供たちに与えて非常によかったと思っています。

レゴのプログラミング教材
「意味ない/やめとけ」という評判/口コミ

レゴのプログラミング教材について、すべてのレビューが完全に肯定的であるわけではありません。レゴプログラミング教材の初期費用に加えて、時間というコストがかかることを保護者に注意する口コミもあります。多くの親や教師は、レゴ・プログラミングには相当な忍耐と監督が必要だとも言っています。また、モーターやセンサーなど、特殊なブロックの部品にかかる費用もあります。

しかし、レゴ・プログラミングの教材のコストは大きく異なることに注意する必要があります。プログラミングを始めたばかりのお子さまに最適な、低価格のものもたくさんあります。また、説明書が付属している既製品のキットもたくさんあり、簡単に始めることができます。

レゴのプログラミング教材の評判/口コミ【まとめ】

レゴのプログラミング教材は、子どもたちが複雑な概念を学ぶための、やりがいのある楽しい方法です。素材の豊富さ、直感的なソフトウェア、組み立てのしやすさなど、子どもにとっても親にとっても刺激的な体験となることでしょう。潜在的なコストに注意することは重要ですが、レゴのプログラミング教材は、子どもの成長にとって価値ある投資となりえます。これからプログラミングを始めるお子さんにもレゴのプログラミング教材は魅力的なものです。

レゴのプログラミング教材で学べるプログラミング言語の種類

レゴのプログラミング教材の最大のメリットは、さまざまなプログラミング言語を学べることです。初心者に優しいグラフィカルなプログラミング言語から、アプリを使った高度な言語まで、レゴはプログラミングをより簡単に、より身近なものにする手助けをしてくれます。

ここでは、レゴで学べる様々なプログラミング言語についてご紹介し、どの言語が最適なのかを判断するためのヒントをご紹介します。

レゴのプログラミング言語1
レゴ WeDo 2.0(レゴ エデュケーション SPIKE ベーシック)

レゴ WeDo 2.0または後継機のレゴ エデュケーション SPIKE ベーシックは、プログラミングをより簡単に、より直感的に行えるように設計されたグラフィカルなプログラミング言語です。

ドラッグアンドドロップコマンドとビジュアルプログラミングブロックを使用することで、難しい構文を学ぶことなく、デバイス、ロボット、マシンをプログラミングすることが可能です。

そのため、複雑なコマンドやアルゴリズムに挫折することなく、プログラミングの基本が理解できるので、初心者のお子さんに最適な言語です。

レゴのプログラミング言語2
レゴ マインドストームEV3

レゴ マインドストームEV3は、ロボット工学やエンジニアリングのプロジェクトに使用できる、アプリベースの強力なプログラミング言語です。

この言語は、コードの力でロボット、ドローン、乗り物、機械を制御することができるので、少し上級のユーザーに最適です。

レゴ マインドストームEV3のキットには、自分だけのマシンやロボットを作るために必要なセンサーやモーターが付属しているので、学習者にも経験豊富なコーダーにも最適なツールです。

レゴのプログラミング言語3
レゴ ブースト クリエイティブ・ツールボックス

レゴ ブースト クリエイティブ・ツールボックスは、代替マシンやロボットのためのビジュアルプログラミング言語を学ぶのに最適な方法です。このツールボックスは、ユーザーがコードの力でデバイスやロボットを制御することを可能にします。

この言語はグラフィカルであるため、あらゆるスキルレベルのユーザーに最適です。初心者でも経験豊富なコーダーでも、レゴ ブースト クリエイティブ・ツールボックスは素晴らしいプロジェクトを生み出す手助けをしてくれるでしょう。

レゴのプログラミング言語【まとめ】

レゴのプログラミング教材は、プログラミング言語を学び、より高度なコーディング言語へと移行するための素晴らしい方法です。レゴ WeDo 2.0は、複雑な構文を学ぶことなくプログラムを作成できるため、初心者に最適です。レゴ マインドストームEV3は、コードを使って強力なマシンを作ることができるので、ロボット工学やエンジニアリングのプロジェクトに最適です。レゴ ブースト クリエイティブ・ツールボックスは、代替マシンやロボットのためのビジュアルプログラミング言語を学ぶのに最適です。どのようなニーズがあるにせよ、レゴシステムは、基本を学び、確かな基礎を築くのに最適な方法です。

レゴのプログラミング学習の内容/できること/将来性

レゴのプログラミング教材には、無限の可能性があります。基本をマスターしたら、複雑な機械やロボットなどのプログラミングを始めることができます。ソフトウェアやブロックは使いやすく、理解しやすいので、プログラミングツールを使って様々なプロジェクトを作ることができます。

レゴ・プログラミングは、子どもにも大人にもユニークな学習機会を提供できます。子供たちはコンピュータ・サイエンスとエンジニアリングの原理を、実践的な活動で探求することができます。必要に応じて修正したり変更したりできる、ユニークでインタラクティブなプロジェクトの作成方法を学ぶことができます。

大人は、レゴ・プログラミングを使って、問題解決、批判的思考、創造性などのスキルを身につけることができます。また、コーディングのスキルを身につけ、ソフトウェアの仕組みをより深く理解するためにも利用できます。これらのスキルはすべて、コンピュータ・プログラミングのさまざまな作業に応用することができます。

レゴのプログラミング学習の内容1
レゴ・プログラミング学習のメリットは何ですか?

レゴ・プログラミングを学習することには、多くのメリットがあります。最も重要なメリットの1つは、レゴ・プログラミングによって、人々が楽しく、魅力的な方法で学ぶことができることです。このため、子どもはより早く学ぶことができ、大人は厄介なプログラミングの課題に取り組むモチベーションがより高くなることがわかります。

また、レゴ・プログラミングは、コンピュータ・サイエンスとエンジニアリングの原理を学ぶための具体的な方法を提供します。画面上で行うコーディング作業とは異なり、実際のプロジェクトを作成し、その結果を見ることができます。このような経験は、子供も大人も同様に、特にインスピレーションを与えてくれます。

レゴのプログラミング学習の内容2
どのようなプログラミング言語がありますか?

レゴ・プログラミングでは、構築するプロジェクトの種類に応じて、さまざまなプログラミング言語を使用できます。レゴ・プログラミングで人気のあるプログラミング言語には、C、C++、Javaがあります。

レゴは独自のプログラミング言語であるレゴ・マインドストームも提供しており、これはロボット製作のために特別に設計されたビジュアルプログラミング言語です。この言語では、ユーザーはロボットを簡単に構築し、視覚的なコードのブロックで制御することができます。

レゴのプログラミング学習の内容3
始めるにはどんな機材が必要ですか?

レゴ・プログラミングを始めるには、いくつかの機材が必要です。まず、レゴ マインドストームEV3が必要です。これには、ロボットを組み立てて、さまざまな作業を行うようにプログラムするのに必要な主な部品が含まれています。また、コードを書いてロボットにアップロードするために、ラップトップまたはコンピュータが必要です。最後に、プログラミングコードをロボットに転送するために、インターネット接続またはUSBケーブルが必要です。

レゴのプログラミング学習の内容【まとめ】

レゴ・プログラミングは、コンピュータ・サイエンスとエンジニアリングの世界を探求する素晴らしい方法です。楽しくて、実践的な体験ができ、子供も大人も同じように貴重なスキルを身につけることができます。適切な機器と少しの決意があれば、誰でもレゴ・プログラミングの基本を学び、それを使って刺激的なプロジェクトを作ることができます。

レゴのプログラミング教材の費用


レゴ WeDo 2.0の費用

レゴ(LEGO)
¥10,728 (2023/02/08 13:59時点 | Amazon調べ)
\最大15%ポイントアップ!/
Amazon

レゴ マインドストーム EV3の費用

レゴブースト クリエイティブ・ボックスの費用

レゴ(LEGO)
¥30,924 (2024/07/10 09:14時点 | Amazon調べ)
\最大15%ポイントアップ!/
Amazon

レゴのプログラミング教材は何歳から?(対象年齢・学年)

レゴのプログラミング教材は、5歳くらいのお子様から大人の方までお使いいただけます。学校では、プログラミングを教えるためによく使われています。例えば、小学校低学年ではプログラミングの基礎とレゴ WeDo 2.0、小学校高学年ではレゴ マインドストームEV3を使ったプログラミングとロボット工学について学びます。

レゴのプログラミング教材の対象年齢・学年
小学校1年〜6年生

レゴ WeDo 2.0または後継機のレゴ エデュケーション SPIKE ベーシックは、低学年の生徒にプログラミング入門を紹介するのに適しています。小学校1年〜6年生までが対象です。このセットにはセンサーとソフトウェアが搭載されており、子供たちは簡単なロボットを製作した後、学習しやすいブロックを使ってロボットをプログラミングすることができます。ドラッグ&ドロップ式のグラフィカルなインターフェースにより、子供たちは早い段階からプログラミングの概念を学ぶことができます。

レゴのプログラミング教材の対象年齢・学年
10歳以上

10歳以上のお子さんや高学年の生徒には、レゴ マインドストームEV3が最適です。このセットには、インテリジェント・ブロック、ロボット・センサー、モーターに加え、EV3-Gというプログラミング言語も含まれています。このパワフルなセットを使って、生徒たちは自分たちのロボットを作り、プログラミングすることができます。また、このセットにはスマートフォンのアプリも含まれており、生徒がロボットを簡単にコントロールすることができます。

レゴのプログラミング教材の対象年齢・学年
7歳〜12歳

7歳〜12歳のお子さんに幅広く使える、レゴ ブースト クリエイティブ・ツールボックスがあります。このセットには、より強力なセンサーとモーターが搭載されており、強力な組み立て・プログラミングソフトウェア一式が付属しています。このセットを使って、ロボットアーム、自動化された工場、その他の高度なロボットを構築し、プログラミングすることができます。

レゴのプログラミング教材の対象年齢・学年【まとめ】

レゴのプログラミング教材は、幅広い年齢層と学年に適しています。どなたにも適切なレゴセットがあります。対象年齢や学年を把握することで、お子さまにぴったりのセットを見つけることができます。

レゴのプログラミング教材のQ&A

コーディングの学習は、子どもたちにテクノロジーを紹介するための、楽しくて面白い方法です。レゴ マインドストームEV3やレゴ WeDo 2.0など、コーディングを魅力的に学べるプログラミング教材を提供してきました。この記事では、レゴのプログラミング教材に関する10のよくある質問にお答えし、より深く学びたい方のために情報を提供します。

レゴのプログラミング教材のQ&A
レゴ・プログラミングとは何ですか?

レゴ・プログラミングとは、レゴ WeDo 2.0やレゴ マインドストームEV3などのレゴ製品を使って、コーディングやその他のSTEMトピックを教えることです。ロボットを作ってプログラミングすることで、子どもたちは問題解決力や論理的思考力などのスキルを身につけることができます。ドラッグ&ドロップ・ソフトウェアなどのプログラムを使って、コーディングの基本を学ぶことができます。

レゴのプログラミング教材のQ&A
レゴ マインドストームEV3とは何ですか?

レゴ マインドストームEV3は、レゴグループが開発したプログラム可能なロボットセットシリーズです。物理的なレゴブロックとプログラミングソフトウェアの両方を組み合わせて、ロボットを作成することができます。ロボット工学、エンジニアリング、コーディングについて子供たちに教えるために使用することができます。

レゴのプログラミング教材のQ&A
レゴ WeDo 2.0とは何ですか?

レゴ WeDo 2.0は、小学生向けに作られたロボット工学セットです。レゴ WeDo 2.0は、ドラッグ&ドロップ式のコーディング言語ではなく、グラフィカルなブロックコーディング言語を使用しています。この言語は、子供たちがコーディングの基本を理解するのに役立つと同時に、ロボットを組み立てて使用する機会を提供するものです。

レゴのプログラミング教材のQ&A
レゴ・プログラミング教材は、教育現場でどのように活用されるのでしょうか?

レゴのプログラミング教材は、教育現場でさまざまなトピックを教えるために利用できます。ロボットセットは問題解決、エンジニアリング、コーディングについて教えるために、ドラッグ&ドロップのプログラミングソフトウェアはプログラミングの基礎を教えるために使用することができる。

レゴのプログラミング教材のQ&A
レゴ・プログラミング教材の対象年齢を教えてください。

レゴ マインドストームEV3は10歳以上、レゴ WeDo 2.0は7歳から12歳を対象として設計されています。しかし、レゴ ブースト クリエイティブ・ツールボックスのような小さな子ども向けにあらかじめプログラムされたアクティビティもあり、子どもたちが組み立てやコーディングの実験をすることができるようになっています。

レゴのプログラミング教材のQ&A
レゴ マインドストームEV3とレゴ WeDo 2.0の違いは何ですか?

レゴ マインドストームEV3とレゴ WeDo 2.0の主な違いは、使用するプログラミング言語です。マインドストームがドラッグ&ドロップ式のコーディング言語を使っているのに対し、レゴ WeDo 2.0はグラフィカルなブロックベースの言語を使っています。レゴ マインドストームEV3は10歳以上、レゴ WeDo 2.0は7~12歳の小さなお子さまを対象として設計されています。

レゴのプログラミング教材のQ&A
レゴ・プログラミングの教材費はいくらですか?

レゴのプログラミング教材のコストは、どのセットを購入するかによって異なります。レゴ マインドストームEV3は69,000円、レゴ WeDo 2.0キットは33,000円の範囲になります。

レゴのプログラミング教材のQ&A
レゴのプログラミング教材はどこで購入できますか?

レゴのプログラミング教材は、レゴのウェブサイトや、トイザラス、アマゾンなどの店舗で購入することができます。

レゴのプログラミング教材のQ&A
レゴのプログラミング教材の使い方は簡単ですか?

レゴのプログラミング教材は、比較的簡単に使うことができます。レゴ マインドストームEV3で使われているドラッグ&ドロップ式のコーディング言語や、レゴ WeDo 2.0で使われているブロックベースの言語は、子どもたちがコーディングとロボット工学の基本を理解するのを容易にしてくれる。

レゴのプログラミング教材のQ&A
レゴのプログラミング教材には、どのようなアクセサリーがありますか?

レゴのプログラミング教材には、さまざまなアクセサリーが用意されています。モーターやセンサーなど、ロボットの機能を拡張するためのパーツがあります。また、追加のパーツやプロジェクトにアクセスできる拡張パックも用意されています。

レゴのプログラミング教材のQ&A【まとめ】

レゴプログラミング教材は、子供たちがコーディング、エンジニアリング、ロボット工学について学ぶための楽しくて魅力的な方法を提供します。さまざまなセットやアクセサリーが用意されているので、レゴ・プログラミング教材はさまざまなトピックを教えるために使用することができる。子供たちにコーディングやロボット工学を教える方法を探しているなら、レゴプログラミング教材は素晴らしい選択です。

レゴのプログラミングが学べるスクール

お子さまが幼いうちからプログラミングのスキルを身につけられる方法をお探しなら、レゴ・プログラミングが学べるスクールはいかがでしょう。

レゴ・プログラミングは、5歳以上のお子さんにコーディングスキルを教えるために作られた教育プログラムです。このスキルを専門に教えるスクールも増えてきており、お子さんの創造的なプログラミング学習に役立つことは間違いないでしょう。

ここでは、レゴ教材を使ったプログラムを提供しているスクールをいくつか紹介します。

レゴのプログラミングが学べるスクール1
レゴスクール

レゴ・スクールは、レゴ・プログラマーを目指す子供たちが、その道を歩み始めるのにふさわしい場所です。

このスクールでは、レゴプログラミングの基礎を学ぶための包括的なカリキュラムを提供しています。子供たちはプログラミングの基礎を学び、熟練したレゴプログラマーになるためのスキルを身につけることができます。

レゴスクールでは、経験豊富な講師による講義やチュートリアル、指導など、学習をサポートするさまざまなリソースを提供しています。さらに、レゴプログラミングの実践的な経験を積めるよう、ハンズオンアクティビティやプロジェクトも提供しています。

子供たちは個人またはチームで作業する機会があり、協力し合い、互いに学び合う機会を得ることができます。

このように、レゴ・スクールは、レゴ・プログラミングのあらゆるレベルに対して、包括的かつ協力的な学習環境を提供しています。そのリソースと専門知識で、レゴプログラマーを目指す子供たちの夢を現実にする手助けをすることができるのです。

レゴのプログラミングが学べるスクール2
LITALICOワンダー

LITALICOワンダーは、幅広い年齢の子供たちがレゴを使ったコーディングやプログラミングのスキルを身につけることを目的としたスクールです。経験豊富なインストラクターが、レゴを使ったプログラミングの基礎から、より高度なコンセプトやテクニックまで、丁寧に指導します。初心者のお子さんにも楽しんでいただける内容になっています。

LITALICOワンダーでは、レゴのマインドストームシステムを使って、さまざまなロボットやデバイスのプログラミングを学ぶことができます。コースでは、ロボットが動き回り、環境を感知し、他のロボットやデバイスと相互作用するようにプログラミングする方法を学びます。また、センサー、モーター、その他のコンポーネントをプログラムして、カスタムロボットやデバイスを作成する方法も学びます。

このように、LITALICOワンダーでは、子供たちがコーディングとプログラミングの基礎を学べるように取り組み、魅力的で楽しい授業によって、創造性と探求心を高める環境を提供しています。

レゴのプログラミングが学べるスクール3
crefus(クレファス)

クレファスでは、ロボット工学、レゴ・プログラミング、エンジニアリングに熟練するために必要な知識とツールを身につけることができます。

プロジェクトベースの学習を通じて、子どもたちはロボット工学とレゴ・プログラミングの基礎を理解し、実世界の問題に応用できるようになります。また、このプログラムでは、ロボット工学とレゴ・プログラミングの可能性を追求し、自分自身のプロジェクトを作成する機会も提供します。

また、クレファスは、ロボット工学とレゴ・プログラミングに熟達するために必要なリソースを学生に提供することに力を注いでいます。スタッフはこの分野での豊富な経験と知識を持ち、生徒が教育目標を達成できるよう全力でサポートします。さらに、子どもたちが最高の学習体験ができるよう、さまざまなコースやアクティビティを提供しています。

クレファスは、ロボット工学とレゴ・プログラミングの分野でキャリアを積みたい子供たちにとって、最適な選択肢です。最先端のカリキュラム、知識豊富なスタッフ、多彩なコースとアクティビティで、ロボット工学とレゴ・プログラミングの分野に必要な知識とスキルを身につけることができます。

レゴのプログラミングが学べるスクール4
Z会プログラミング講座 with レゴ® Education

Z会プログラミングコースでは、レゴ ロボットを使ってプログラミングの基礎を学び、総合的な学習体験を提供します。

コースのカリキュラムは、あらゆる年齢層の生徒が総合的に学べるように設計されています。プログラミングロジック、ロボティクスプログラミング、問題解決など、幅広いトピックをカバーしています。

レゴロボティクスを使用することで、生徒はプログラミングスキルを実世界のシナリオに適用することができ、貴重な経験を積むことができるようになります。

プログラミングやロボット工学の貴重なスキルを身につけたいなら、Z会プログラミングコースは最適な選択肢です。

レゴのプログラミングが学べるスクール5
栄光ロボットアカデミー

栄光ロボットアカデミーは、レゴ・プログラミングの分野で総合的な教育を提供することを目的としたスクールです。レゴ教材を使ったロボットの組み立て、プログラミング、制御に必要なスキルの基礎をしっかりと身につけることができます。

栄光ロボットアカデミーのカリキュラムは、工学、数学、科学の基礎を学びながら、ロボット工学とコーディングの世界を探求する機会を提供するように設計されています。

教師陣は、ロボット工学とコーディングの指導に長年の経験を持つ、資格ある専門家で構成されています。彼らは、創造性、問題解決、コラボレーションを促進する実践的な活動やプロジェクトを通して、生徒を指導します。

栄光ロボットアカデミーは、教育的でありながら楽しく、安全で協力的な環境の中で貴重なスキルと知識を身につけることができるように設計されています。

レゴのプログラミングのまとめ

レゴのプログラミング教材は、子供や初心者がプログラミングの概念を効果的かつ楽しく学べる方法として高い評価を得ています。

レゴのビジュアルプログラミングシステムは、安全で使いやすい環境の中で、子供達がコーディングとロボット工学の基本を理解できるよう設計されています。この教材は、創造性と問題解決に重点を置いて設計されており、子供達がさまざまな可能性を探り、スキルを伸ばすことができるようになっています。

また、この教材は、子どもたちがコーディング、ロボット工学、エンジニアリングに夢中になれるよう、さまざまなアクティビティを提供しています。レゴのプログラミング教材は、子どもたちにプログラミングを紹介するための素晴らしい出発点として、しばしば推奨されています。

このように、レゴのプログラミング教材は、基本的なプログラミングの概念と原理を教えるためのシンプルかつ効果的な方法を提供し、子どもたちが刺激的で魅力的な環境の中でスキルを伸ばすことができるようにします。さまざまなアクティビティやチャレンジが用意されたレゴ・プログラミング教材は、子どもたちだけでなく、初心者にとっても楽しい体験となるはずです。

レゴで始めるプログラミング教育にはどのようなエデュケーションキットがおすすめですか?

LEGOは現在、プログラミングのための教育キットを数種類提供しています。EV3キットは最も人気があり、LEGOでプログラミングを学びたい人のスタート地点として最適です。このキットでは、フロー制御、ループ、データ操作などの概念を紹介するとともに、子どもたちがプログラミングに慣れるためのチュートリアルやプロジェクトも用意されています。また、10歳以上のお子様を対象とした、センサーやモーターなどより高度なコンポーネントを搭載した「SPIKE Prime」キットもあります。最後に、WeDo 2.0キットがあります。これは小さなお子様向けに設計されており、原因と結果といった基本的な概念に重点を置いています。

レゴのSPIKEプライムとEV3は、どちらがプログラミング初心者に向いていますか?

EV3キットは、よりプログラミングの初心者に適しています。フロー制御、ループ、データ操作などの基本的な概念を紹介するとともに、子どもたちがプログラミングに慣れるためのチュートリアルやプロジェクトも用意されています。また、ラインフォロワープログラムなど、より高度なプロジェクトのためのセンサーやモーターも含まれています。SPIKE Primeキットは、10歳以上を対象としているため、より年齢の高いお子様に向いています。確率やロボット工学などのより高度な概念や、より複雑なプログラミング構造が紹介されています。

WeDo 2.0を使ったレゴプログラミング教材は、どの年齢層の子供に適していますか?

LEGO WeDo 2.0 プログラミング教材は、6歳から9歳のお子様に最適です。このプログラミング教材のセットは、教育用ロボット工学を利用して、幼児にロボットプログラミングとエンジニアリングの基本概念を紹介します。キットには、ステップバイステップの詳しい組み立てとプログラミングの手順が書かれたプロジェクトブック、8個のビルディングブロック、1個のモーター、1個のチルトセンサーが含まれています。

もっと見る
レゴプログラミングの学習において、どの時期から始めるのが最適ですか?

レゴのプログラミングを学び始めるのに最適な時期は、子どもたちが8~10歳くらいのときです。この年齢では、概念や指示をより簡単に理解するための考え方や忍耐力が備わっています。また、ロボット工学を探求し、問題解決能力を身につけるのにも最適な時期です。

レゴエデュケーションのプログラミング教材を利用する際、必要なPCやアプリは何ですか?

LEGO Educationのプログラミング教材を使用する際に必要なPCやアプリケーションは、使用するプログラミング教材の種類によって異なります。EV3キットは、「EV3 Control App」に対応した端末が必要です。SPIKE Primeキットは、SPIKE Prime Appを搭載したMac OSまたはWindows 10が必要です。最後に、WeDo 2.0キットは、Mac OS XまたはWindows 7、8、10のいずれかとLEGO Education WeDo Appが必要です。

レゴプログラミングの教材は、どのような学習効果が期待できますか?

レゴのプログラミング教材は、さまざまな学習効果をもたらす可能性を秘めています。プログラミング教材の種類や子どもの年齢にもよりますが、問題解決やコラボレーションといった概念を理解することができます。また、子どもたちは、複雑な概念を小さなステップに分解することを学び、アルゴリズム、センサー、ロボット工学への理解も深めることができます。

レゴのSPIKEプライムを使ったプログラミングは、どのようなOSに対応していますか?

LEGO SPIKE Primeのプログラミング教材は、Mac OSとWindows 10に対応しています。LEGO SPIKE PrimeアプリはApp StoreとGoogle Playからダウンロードでき、両方のOSに対応しています。

WeDo 2.0とEV3の違いは何ですか?どちらが子供向けのレゴプログラミングに適していますか?

WeDo 2.0とEV3の主な違いは、対象年齢です。WeDo 2.0」キットは6~9歳、「EV3」キットは10歳以上のお子様を対象としています。さらに、WeDo 2.0キットはエンジニアリングやロボット工学などの概念を導入しており、EV3キットはデータ操作や制御構造により重点を置いています。最終的には、お子様の年齢や能力によって、どちらのキットもユニークな学習機会を提供することができます。

レゴプログラミング教材の最新情報や更新情報はどこで確認できますか?

レゴのプログラミング教材の最新情報とアップデートを知るには、LEGO Educationのウェブサイトが一番です。このウェブサイトでは、さまざまなLEGOプログラミングキットの詳細な説明書、チュートリアル、および資料を提供しています。さらに、LEGO Educationのソーシャルメディアチャンネルでは、キットに関する最新のニュースやアップデートを提供しています。

レゴエデュケーションのプログラミング教材を使った授業やワークショップはどこで開催されていますか?

LEGO Educationでは、プログラミング教材を使った多くのクラスやワークショップを世界中で開催しています。これらのクラスやワークショップを見つけるには、LEGO Educationのウェブサイトで検索するか、お近くの学校やコミュニティセンターを調べてみてください。また、レゴのプログラミング教材を使用したオンラインクラスやワークショップもあります。

レゴプログラミング教材を利用する際、教員や保護者が知っておくべきポイントは何ですか?

レゴのプログラミング教材を使用する場合、教師や保護者は、子どもが適切な指導とサポートを受けられるようにすることが重要です。また、子どもたちが概念や指示を理解するのに時間がかかる場合があるので、辛抱強く見守ることも大切です。さらに、子どもたちが興味を持つようにすることも重要です。最後に、子どもたちが実験や新しいことに挑戦することを恐れないよう、励ますことも大切です。

レゴプログラミングのエデュケーションキットを使って、どのようなスキルが身につきますか?

LEGO Programming Education Kitは、プログラミング、ロジック、ロボティクスの基礎を学ぶために設計されています。ビジュアルなドラッグ&ドロップのプログラミング言語と小売環境で構成されています。これらのツールを使うことで、子どもたちはコードを分解して自分たちのロボットやアニメーションをプログラミングすることで、プログラミングの基本を理解することができます。強化されるスキルは、計算思考、問題解決、計算デザイン、データの可視化と分析、デバッグ、アルゴリズム開発、ゲームデザイン、3Dプリント、アプリデザインなどです。

レゴプログラミング教材の費用はどのくらいですか?購入時に注意すべきポイントは何ですか?

LEGO Programming Education Kitの価格は、Core Kit、Expansion Kit、Education Kitのバンドルがあり、種類によって幅があります。コアキットは500ドルから900ドル、拡張キットは1,200ドルから1,800ドル、バンドルは2,500ドルから3,000ドルとなっています。購入の際には、ユーザーの年齢、プロジェクトの複雑さ、アプリケーション、予算などを考慮することが重要です。 さらに、ユーザーは周辺機器やセンサーを追加購入する必要があり、キットの総コストが高くなる可能性があります。

レゴのプログラミング教材を活用したオンライン学習はありますか?

レゴのプログラミング教材を活用したオンライン学習プログラムがあるのです。これらのプログラムは、プログラミング、ロボット工学、ロジックの基礎を、楽しく魅力的に学ぶことができるように設計されています。レゴ エデュケーション オンライン学習プログラムもそのひとつで、レゴ エデュケーション キットをベースにしたさまざまなアクティビティや課題をユーザーに提供します。コースは自分のペースで進められ、徹底的に説明されています。コースは入門レベルから上級レベルまで様々で、世界のどこからでもアクセスできます。

レゴプログラミング教材を使用するために必要な環境や設備は何ですか?

LEGO Programming Materialsを使用するには、インターネットに接続されたコンピューター、LEGO Educationのソフトウェアとセンサー、プリンターが必要です。LEGO Educationソフトウェアは、ロボットをプログラミングするためのもので、オンラインでもダウンロード可能なプログラムとしても提供されています。さらに、取り組むプロジェクトの種類によっては、モーターやギアなどの部品が追加で必要になることもあります。さらに、高度なプロジェクトでは、キットに含まれない3Dプリンターが必要になる場合もあります。

レゴプログラミングのエデュケーションキットは、どのようなカリキュラムに対応していますか?

LEGO Programming Education Kitは、さまざまなカリキュラムに対応し、さまざまなSTEMやコーディングのトピックをサポートします。例えば、ロボット工学、コンピュータサイエンス、プログラミングとソフトウェアエンジニアリング、ゲームデザイン、3Dプリント、電子工学などです。また、生物学や化学など、STEMの特定の分野向けのモジュールも用意されています。

レゴのプログラミング教材を使っていただける際、サポートやサービスは提供されていますか?

レゴは、レゴエデュケーションサポートセンターやユーザーフォーラムへのアクセス、オンラインチュートリアルやガイド、オンラインプロフェッショナル開発モジュールやワークショップ、STEMやコーディングの概念を学び強化するためのオンラインコースや自分のペースでできるアクティビティを提供するレゴエデュケーションアカデミーなど、プログラミング教材の使用時にさまざまなサポートとサービスを提供しています。さらに、レゴのカスタマー・サービス・チームが技術サポートを提供し、あらゆる問い合わせにお答えします。

SPIKEプライムやEV3で使用されるプログラミング言語は何ですか?

SPIKE PrimeはScratchとPythonを使い、EV3はROBOTCと呼ばれるカスタム言語を用いてプログラミングされます。ScratchもROBOTCもブロックベースのプログラミング言語です。つまり、コードはコーディングブロックからできていて、それを組み合わせてコードを構成します。ただし、SPIKE PrimeロボットのコーディングにはPython、EV3ロボットのコーディングにはROBOTCを使用することも可能です。

レゴプログラミング教材は、特別な教育資格がなくても使えますか?

レゴのプログラミング教材を使うのに、教育的な資格は必要ありません。キットは子どもからプロまで、あらゆるレベルのユーザーを対象としており、それぞれにプログラミング、ロボット工学、ロジックの基礎を学ぶためのチュートリアルやガイドが用意されています。

レゴエデュケーションのプログラミング教材は、どのような教育現場で実際に活用されていますか?

LEGO Educationのプログラミング教材は、小中学校、大学、博物館、STEMクラブなど、さまざまな教育現場で活用されています。カリキュラムの一環としてロボット工学、プログラミング、ロジックを教え、創造性と革新性を刺激する教材として利用されています。さらに、博物館でも学習ツールとして使用され、STEMクラブでも人気のアクティビティとなっています。

レゴプログラミング教材を使った後、どのような進路やキャリアが期待できますか?

レゴのプログラミング教材を使うことで、ロボット工学、コンピューターサイエンス、ソフトウェア工学、ゲームデザイン、3Dプリンティング、電子工学など、さまざまなキャリアパスを開くことができます。さらに、計算思考、問題解決、計算デザイン、データの可視化と分析、デバッグ、アルゴリズム開発、ゲームデザイン、3Dプリント、アプリデザインなど、身につけたスキルは、さまざまな業界に応用することができる。

レゴプログラミング教材の習得にかかる期間はどのくらいですか?

レゴのプログラミング教材を使いこなすのに必要な時間は、経験の度合いによって異なります。もしあなたが始めたばかりなら、コーディング言語とロボット工学の原則に慣れるまで時間がかかるかもしれません。初心者の方は、さまざまなプログラミングの概念、アルゴリズム、ロボットの原理を含む基本をマスターするのに、少なくとも数週間はかかると思われます。経験者の場合は、プロジェクトの難易度によって時間が異なります。

レゴプログラミング教材に関するユーザーの評価や口コミはどのようなものですか?

全体的に、レゴ・プログラミング・マテリアルに対するユーザーの評価は肯定的です。直感的なインターフェースと幅広いアクティビティや課題により、教材は使いやすく魅力的であると見られています。また、チュートリアルやコースコンテンツが充実しているため、あらゆるレベルのユーザーが利用しやすい教材となっています。また、ユーザーレビューでは、ソフトウェアの使いやすさが強調されており、ユーザーは利用可能なツールを使ってロボットをプログラミングしたり、複雑なプロジェクトを作成したりすることが容易であると感じているようです。

レゴプログラミング教材と他のプログラミング教材の違いは何ですか?

LEGOプログラミング教育キットと他のプログラミング教育キットの大きな違いは、難易度の高さにあります。LEGOのプログラミング教材は、子どもや初心者向けに作られています。ユーザーフレンドリーで理解しやすいのが特徴です。他のプログラミング教育キットは、プログラミングを学び始めるには便利ですが、全くの初心者には敷居が高く感じられることも少なくありません。

レゴプログラミングのエデュケーションキットは国際的に認められていますか?

はい、レゴのプログラミング教育キットは国際的に認められています。専門家の間でも高く評価されており、多くの学校や大学では、この教材を教えることに特化したコースが設けられています。また、レゴの教材はさまざまな国で使われており、その国際的な魅力がうかがえます。

レゴのプログラミング教材を使って、子供たちが学ぶ上での効果的な指導法は何ですか?

レゴのプログラミング教材を子どもたちに教えるには、実体験を提供するのが一番です。本物のブロックを提供し、物理的な構造物を作らせることで、教育者はプログラミングの概念をしっかりと学ぶことができます。また、どのようなプロジェクトが必要なのか、どのようなことができるのか、プリントアウトなどのサンプルを提供することも、学習プロセスの一助となります。さらに、ビデオやストーリーなどのインタラクティブな要素をレッスンに加えることで、教育体験をより魅力的なものにすることができます。

レゴプログラミング教材で学んだ知識やスキルは、今後のプログラミング学習にどのように活かせますか?

レゴのプログラミング教材で学んだ知識やスキルは、今後のプログラミング学習に生かすことができます。教材ではブロックコーディングを採用しており、他のプログラミング言語への入門としても活用できます。さらに、論理的思考や問題解決能力についても理解を深めることができ、どのようなプログラミング言語を選択しても役立つと思います。

レゴプログラミング教材は、障害のある子どもたちにも適用できますか?

はい、レゴプログラミングの教材は、障がいのある子どもたちにも適用できます。教材はアクセシブルで、どんな障害にも簡単に適応させることができます。例えば、ロボットキットは、スイッチやキーボードと一緒に使うことで、別の操作方法が必要な子どもでもアクセスできるようにすることができます。また、この教材には、目が不自由な子どもや弱視の子どもが使用できるように適合させるための説明書も含まれています。

レゴプログラミングのエデュケーションキットを使って、親子で楽しく学べるアクティビティは何ですか?

LEGO Programming Education Kit」を使って、親子で楽しく学べるアクティビティはたくさんあります。例えば、親子でロボットカーを設計したり、ロボットチャレンジに参加したりすることができます。また、LEGO WeDO 2.0を使って、自分たちのロボットをプログラミングしたり、ロボットの仲間をプログラミングしたり、自分たちのロボットが主役のミュージックビデオを作ったりすることも可能です。

レゴプログラミング教材の購入前に、無料で体験できるコンテンツはありますか?

はい、さまざまな無料体験コンテンツやプロジェクトが用意されています。LEGOは、LEGO Programming Education Kitの使い方の基本を紹介する無料のチュートリアルとプロジェクトを、ウェブサイトでいくつか提供しています。また、LEGO Education WeDo 2.0 Core Setといくつかのプロジェクトやチュートリアルを含むいくつかの「スターターパック」も提供しています。

レゴプログラミングのWeDo 2.0教材は、どの年齢層に最適ですか?

LEGO Programming WeDo 2.0の教材は、7歳から10歳のお子さんに最適です。この年齢層は、LEGO WeDo 2.0教材で学ぶコンセプトを容易に理解し、その恩恵を受けることができます。

WeDo 2.0を使ったレゴプログラミング教材の導入に最適な時期はいつですか?

WeDo 2.0でレゴプログラミングを導入するのに最適な時期は、生徒が3年生と4年生の時です。この段階では、生徒たちはプログラミングやロボット工学を探求する自信と関心を持っています。

レゴプログラミングのWeDo 2.0は、どのようなデバイスやPCと互換性がありますか?

WeDo 2.0は、Windows 10 OS、Mac OSX 10.9以降、Chrome OS 60以降を搭載したChromebookに対応しています。また、iOS 11以降のBluetooth対応iOS端末、5.0以降のAndroid端末にも対応しています。

WeDo 2.0のレゴプログラミング教材を利用する際に必要なアプリは何ですか?

WeDo 2.0でレゴプログラミング教材を使用するには、Windows、Mac、Chromebook用の無料WeDo 2.0 App、またはiOS、Androidデバイス用の無料WeDo 2.0 project Library Appのダウンロードが必要です。

レゴプログラミング教材を利用するにあたって、インターネット接続が必要ですか?

LEGOの各プログラミング教材には、プログラミングアプリとアクティビティがすでに含まれています。LEGO WeDo 2.0システムは、インターネット接続を必要とせず、コーディングの概念を探求するために設計されています。提供される教材には、ドラッグ&ドロップで操作できるプログラミング言語と、コーディングの旅を案内するステップバイステップの説明書が含まれています。

WeDo 2.0のレゴプログラミング教材は、教室での利用にも適していますか?

LEGO WeDo 2.0システムは、生徒にエキサイティングなコーディングの世界を紹介しようと考えている学校の指導者に理想的な選択肢です。生徒は、提供されたアプリ、説明書、プログラムを使って、自分たちのプロジェクトを作成することができます。また、LEGO WeDo 2.0 Programming Communityでプロジェクトを共同開発・共有することも推奨されており、優れた教育ツールとなっています。

レゴプログラミングのWeDo 2.0で使用されるアプリは、タブレットやスマートフォンにも対応していますか?

WeDo 2.0 LEGO Programmingアプリは、iOSとAndroidの両方のタブレットとスマートフォンに対応しています。つまり、生徒はデスクトップやノートパソコンと同じデバイスを使ってプログラミングアプリを実行することができるのです。これにより、モバイルデバイスによる携帯性の向上を利用することができます。

WeDo 2.0を使ったレゴプログラミング教材には、保護者向けのガイドが付属していますか?

い、WeDo 2.0教材でお子様にレゴプログラミングを紹介する前に、付属の「保護者向けガイド」をお読みいただくことが重要です。この資料は、教材を使用する際に生徒が身につけるスキルや概念など、コーディングの利点を保護者が理解できるように設計されています。また、お子様がコーディングの旅に出るための準備の手順についても概説しています。

レゴプログラミングのWeDo 2.0教材は、どのような学習目標に対応していますか?

WeDo 2.0教材を使ったレゴ・プログラミング教材は、子どもたちが技術的・分析的なスキルを身につけることができるように設計されています。コーディングのステップバイステップのアプローチを提供し、子どもたちがプログラミング言語の基本、順序の概念、論理的思考を理解するのに役立つことができます。また、重要な問題解決能力の育成、自信の醸成、達成感の創出にも重点を置いた教材です。

WeDo 2.0でレゴプログラミングを学ぶ際、子供におすすめの環境やセットアップは何ですか?

WeDo 2.0のレゴプログラミング教材を使って学習する際に、最良の結果を得るためには、整理された作業スペースを作ることが重要です。つまり、生徒が必要なすべての材料に簡単にアクセスできるように、適切なテーブルや平らな面を準備することです。さらに、プロジェクトを組み立てたりプログラミングしたりする際に、動き回れる十分なスペースがあることも確認します。作業スペースには十分な明るさを確保し、可能な限り、子どもたちが活動に参加できるような楽しいテーマを取り入れましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!